資料請求

教育上の理念

総合リハビリテーション学部の目的は、理学療法士、作業療法士、社会福祉士及び精神保健福祉士の資格取得を基本としながら、活動制限や参加制約のある人々の生活機能の維持回復を目指すため、専門知識及び技術を修得し、広く社会に貢献する人材を養成することとし、学科又は専攻ごとの目的については次のとおりとする。

作業療法学科の目的は、医療及び社会の要請により作業療法の対象範囲が拡大しているなか、身体機能・精神機能の回復、社会適応能力・対人関係能力の改善、発達機能の向上等、作業療法の多様な対応を担うことのできる作業療法士を養成することとする。

求める学生像(アドミッションポリシーより)

対象となる方々の状況を受け止め、
人生に関わる専門職を目指して意欲的に挑戦する、
たくましくかつ思いやりのある人材を求めます。
入学前に修得しておくべき知識等の内容、水準等は次のとおりです。

高等学校レベルにおける英語、国語の基本的な学力を重視します。また、客観的な物事の理解を進めるために、社会リハビリテーション学科では社会科、医療リハビリテーション学科では理科を学習している人が望ましい。

文章の表現力にたけ、今、目の前で生じている事柄を平易に表現できる人。

人への関心が高く、良好な人間関係の構築に努力がみられる人。

学外実習を合格し、国家試験を受験して資格取得を目指すため、教えられるといった受け身の学習態度にとどまらず、自分から考え知識を広げるといった前向きな思考力と行動力を持った人。